×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 卵が価格高騰の可能性も!? “鳥インフルエンザ再来”に警戒、養鶏場「徹底的な感染対策で鶏を守る」

卵が価格高騰の可能性も!? “鳥インフルエンザ再来”に警戒、養鶏場「徹底的な感染対策で鶏を守る」

2023年12月6日 18:34
卵が価格高騰の可能性も!?   “鳥インフルエンザ再来”に警戒、養鶏場「徹底的な感染対策で鶏を守る」

養鶏場は“鳥インフルエンザ”の脅威から鶏たちを守れるか。鳥インフルエンザ再来の可能性から、年末年始に卵の不足や価格高騰が懸念されている。今年の春、食卓を直撃した“エッグショック”。養鶏場では、街の人々に安全に卵を買ってもらうため、徹底した感染対策が行われていた。

Mサイズ1㎏あたり380円⁉ “エッグショック”再来の可能性

今年の春、全国的な鳥インフルエンザの発生により、卵の価格が高騰。その現象は“エッグショック”と呼ばれ、飲食店や家計を直撃した。そんなエッグショックが、鳥インフルエンザ再来によって、年末年始に起こる可能性が懸念されている。元東京農業大学教授・信岡誠治さんは、今後の卵価格について「(卵の価格が)昨シーズンの350円にプラス30円で、380円くらいになる可能性もある」と予想。その要因は、養鶏所で飼育されているニワトリの数。実はまだ、前回の鳥インフルエンザによる殺処分から、ニワトリの数が約6割ほどしか回復していないのだ。さらに、先月頃から鳥インフルエンザ流行の兆しとなる事例が全国各地で発生。ニワトリの数が十分に回復していない今、再び鳥インフルエンザが流行すると、前回のエッグショックを上回る価格高騰が起こる可能性が高いのだ。

JA全農たまごが発表している、名古屋市のMサイズ1㎏あたりの卵の相場価格の推移を見てみると、2023年4月5月には最高値360円を記録。再びエッグショックが発生した場合、この最高値が上回る“価格“の基準となる。

卵の価格高騰は家計はもちろん、年末年始に書き入れ時をむかえる飲食店にとっては大きな痛手だ。卵をたっぷり使用したオムライスが名物の「いち寅」店主・田畑治郎さんは、「鳥インフルエンザの影響で(卵が)なくなるとなると、かなり厳しい状況になってくるのではないかと思います」と心配の表情を浮かべた。

渡り鳥に警戒!ため池に飛来防止の凧を設置

渡り鳥の飛来シーズンを迎えたことを機に、全国各地で再び猛威をふるい始めた「鳥インフルエンザ」。先月25日に佐賀県内の養鶏場で、今シーズン初めてとなる鳥インフルエンザを確認。約38,000羽のニワトリが殺処分された。続けて、埼玉県、茨城県で発見されたのち、今月2日には鹿児島県で4例目を発見。さらに今月1日、岐阜県では、先月23日に岐阜県海津市の飼育施設で野生のカルガモを捕食した後、衰弱死した狩猟用のタカ一羽から鳥インフルエンザが検出。致死率が高く殺処分が必要な「高病原性鳥インフルエンザ」ということが判明した。

渡り鳥への警戒を強めていた岐阜県。岐阜県家畜防疫対策監・小林弘明さん曰く「養鶏場の近くにため池があったりすると、野鳥が飛来してウイルスをいっぱい落とす可能性がある」ことから、県内にある養鶏場に隣接するため池には飛来防止の凧を設置するなど独自の感染対策を進めていた。現在、岐阜県では、県内の養鶏農家111戸で異常は確認されていないが、県は養鶏農家に対して消毒命令を発表。鳥インフルエンザに対して、より警戒を強める姿勢をみせた。

服・靴は3回履き替え!養鶏場の徹底した感染対策

各養鶏場でも、鳥インフルエンザに対する独自の感染対策が行われている。愛知県一宮市にある「浮野養鶏」では、市と管理組合の了解を得て、養鶏場横の川に防鳥ネットを設置。鳥インフルエンザの原因となる野鳥の接近を防ぐネットが、川の上に数十mにわたって張り巡らされている。また、鶏舎のまわりには石灰を散布。さらに、エサや水などはタンクから自動で鶏舎に送り込むことで、外気にふれない仕組みとなっている。

鶏舎に入ることができるのは、決められた飼育担当者のみ。さらに、鶏舎のなかに入るまで、靴の履き替えを3回、作業着の着替えも3回実施。全身をシャワー消毒し、清潔な状態となった飼育者のみが鶏舎に入ることができる。“外の物を中に持ち込まないようにしている”という、「浮野養鶏」の感染対策。徹底した感染対策について、「これはうちの卵を買っていただく、お客様に対する責任です」と浮野養鶏の篠田行高さんは力強く答えた。

各養鶏場も全力で取り組んでいる鳥インフルエンザ対策。しかし、これほどの対策をしているにも関わらず、日本各地で鳥インフルエンザが確認されている。姿の見えない脅威に、浮野養鶏・篠田さんは「(鳥インフルエンザが)ついに来たかというところです」と話す。続けて、「その前から、もう来ていたでしょうね。腹の中では本当に恐々としています」と心境を明かした。

価格変動が少ないことから、“価格の優等生”などと呼ばれていた卵。しかし、JA全農たまごが発表している、名古屋での卵1㎏あたりの平均価格は、2018年時点の187円から、2023年は311円に変化。5年前と比べて、100円以上値上がりをしている。

家族や親せきなど大人数で食卓を囲む機会が増える年末年始。家計はもちろん、かき入れどきを迎える飲食店の仕入れ状況を考えると、“エッグショック”が再び起こらないことを祈るばかりだ。しかし、そんな私たちの年末年始の生活を守るため、今まさに鳥インフルエンザの脅威と戦っている養鶏農家の人々がいること、そしてお客さんに安全に卵を届けるために努力を重ねている現状を忘れずにいたい。

中京テレビのニュース