×

JR東海が水位低下の推定原因を明らかに リニアトンネル工事現場近く 岐阜・瑞浪市

2024年6月25日 0:08
JR東海が水位低下の推定原因を明らかに リニアトンネル工事現場近く 岐阜・瑞浪市

岐阜県瑞浪市で、リニアのトンネル工事現場近くの井戸などの水位が低下している問題で、JR東海が、水を通しやすい地層を掘削したことが原因と推定されると明らかにしました。

瑞浪市大湫町では、リニア中央新幹線のトンネル工事が原因とみられる水源の水位低下や、一部の井戸の枯渇が問題となり、JR東海は工事を一時中断し、水が湧き出ている箇所に薬液を注入する止水対策を進めています。

24日に行われた岐阜県の審査会の中で、JR東海は水位低下の原因について、水を通しやすい地層を掘削したことで地下水の流れが変わり、結果的に水位が低下したと推定されると明らかにしました。

一方、専門家は「さらに調べないと原因が見えてこない」などと指摘。

JR東海は今後、地下水や地下の構造を把握するため、新たにボーリング調査を行うとしています。

    中京テレビのニュース
    24時間ライブ配信中
    日テレNEWS24 24時間ライブ配信中
    logo

    24時間ライブ配信中