×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 寒気南下 日本海側では大雪や吹雪に注意 太平洋側でも真冬の寒さに

寒気南下 日本海側では大雪や吹雪に注意 太平洋側でも真冬の寒さに

2023年2月14日 16:04
寒気南下 日本海側では大雪や吹雪に注意 太平洋側でも真冬の寒さに
寒気の予想(14日午後9時)

日本付近は冬型の気圧配置となっていて、上空にはこの時期としては強い寒気が流れ込んできています。日本海側の広い範囲で雪が降り、日差しが出た太平洋側でも冷たい北風が吹いて、真冬のような寒さとなっています。

14日(火)の日本付近は冬型の気圧配置となっていて、上空にはこの時期としては強い寒気が流れ込んできています。

14日(火)夜には、上空1500メートル付近で-12℃以下という強い寒気が北日本を覆い、東日本から西日本にかけても-6℃以下の寒気が覆う見込みです。

この影響で、15日(水)にかけて日本海側の広い範囲で雪が降り、特に北日本の日本海側や北陸では局地的に雪の降り方が強まり、積雪が急増するおそれがあります。

また、北寄りの風も強く吹くため、吹雪によって見通しが悪化する所もあるでしょう。

大雪や吹雪による交通障害に十分注意するとともに、着雪やなだれなどにも注意が必要です。

また、太平洋側では日差しの出た所が多くなりましたが、晴れても気温は上がっていません。

14日(火)の最高気温(前日差)は、青森で-0.9℃(-4)、仙台で5℃(±0)、金沢で4.7℃(-3)、大阪で8.1℃(-4)など、冷たい雨が降った13日(月)以上に気温が低くなった所が多く、北日本や日本海側の地域を中心に真冬並みの寒さとなりました。

東京都心の最高気温は10.7℃と平年並みでしたが、この後、夕方以降は一気に気温が下がる見込みで、午後6時には4℃の予想。

そして15日(水)は、気温がさらに低くなる見込みで、各地で日中も10℃に届かず、厳しい寒さとなりそうです。

万全の防寒対策をして、健康管理にお気を付けください。