×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 【天気】日本海側で雨や雪 太平洋側は日差しが届く見込み 北日本は引き続き積雪や路面凍結など注意

【天気】日本海側で雨や雪 太平洋側は日差しが届く見込み 北日本は引き続き積雪や路面凍結など注意

2023年11月12日 21:16

12日(日)は全国的に今シーズン1番の寒さとなりました。1日を通して気温が低くなったところが多く、各地の正午の気温は旭川で0.9℃、札幌3.2℃、青森3.6℃、東京9.3℃、松江11.5℃、福岡12.1℃と冬の空気になりました。

13日(月)も日本海側を中心に雨や雪が降り、全国的に初冬の寒さが続くでしょう。

<13日(月)の天気>

冬型の気圧配置となるため、日本海側では雨や雪が降る一方で、太平洋側では日差しが届く見込みです。北日本では引き続き積雪や路面凍結などにご注意ください。また、上空には強い寒気が流れ込みが続き、特に西日本で寒気が強まる見込みです。そのため、西日本の日本海側では激しい雷雨になるところがあり、朝のうちは四国や紀伊半島など太平洋側でも雨が降る見込みです。

北日本では前日と同じくらい寒くなり、西日本では最高気温が前日より2℃から4℃くらい低くなるところが多く、師走並みの寒さになりそうです。関東では晴れ間が戻るぶん前日よりは気温が上がりますが、日差しの割にはヒンヤリと感じられそうです。

<週間予報>

北日本では14日(火)まで雪の降るところがあるでしょう。週の中頃は全国的に晴れて、日中は日差しの暖かさを感じられそうです。17日(金)は全国的に雨や風が強まる見込みです。