×

柿沢未途容疑者、買収などの容疑認める意向 否認から一転

2024年1月6日 15:20
柿沢未途容疑者、買収などの容疑認める意向 否認から一転

東京都の江東区長選挙をめぐる公職選挙法違反事件で、東京地検特捜部に逮捕された衆議院議員の柿沢未途容疑者が、買収などの容疑について、否認から一転、認める意向であることが関係者への取材でわかりました。

柿沢未途容疑者は、支援していた木村弥生前区長が出馬した去年4月の江東区長選挙をめぐり、地元区議らにあわせておよそ200万円を提供したほか、前区長への投票を呼びかける有料広告を動画投稿サイトに出すなどしたとして、公職選挙法違反の疑いで、先月、特捜部に逮捕されました。

その後の関係者への取材で、柿沢容疑者が買収などいずれの容疑についても、認める意向であることがわかりました。

柿沢容疑者はこれまで特捜部の調べに対し、現金配布について「買収の趣旨はない」などと否認していましたが、その後、買収の意図があったと解釈されてもやむを得ないとして、認める意向に転じたということです。

    24時間ライブ配信中
    日テレNEWS24 24時間ライブ配信中
    logo

    24時間ライブ配信中