×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 【台風14号】交通機関に大きな影響 欠航や運休相次ぐ 山陽新幹線など午後から一部区間の運転取りやめも

【台風14号】交通機関に大きな影響 欠航や運休相次ぐ 山陽新幹線など午後から一部区間の運転取りやめも

2022年9月19日 11:48
【台風14号】交通機関に大きな影響 欠航や運休相次ぐ 山陽新幹線など午後から一部区間の運転取りやめも

台風14号の影響で、交通機関にも大きな影響が出ています。

【空の便】

全日空は19日、広島空港や四国地方の空港を発着するすべての便など、計343便の欠航が決まっています。

日本航空は、西日本を発着する便を中心に計461便が欠航するということです。

【鉄道】

JR九州は始発から在来線と新幹線の全線で終日、運転を見合わせているということです。

JR西日本によると、山陽新幹線は、広島と博多駅間で終日運転を見合わせ、午後2時ごろからは新大阪と広島駅間で順次、運転を取りやめるということです。

さらに、JR東海は東海道新幹線について、午後4時ごろから名古屋と新大阪間の運転を取りやめ、東京-名古屋間も午後2時以降から運転本数を大幅に減らすと発表しています。