×

県内各地で大雨 昼すぎにピーク過ぎるも…道路冠水や床下浸水など被害 1日で1か月分の雨が降った場所も

2024年5月28日 18:41
県内各地で大雨 昼すぎにピーク過ぎるも…道路冠水や床下浸水など被害 1日で1か月分の雨が降った場所も

きのうから降り続いた雨は、きょう未明から昼すぎにかけて強くなりました。愛媛県内では、1日で5月1か月分の雨が降った場所も。

昼すぎには雨のピークは過ぎましたが、この雨で、道路の冠水や床下浸水など被害が出ました。

雨は、未明から強まりました。

三宅記者:
「現在午前2時ごろです。今治市では土砂降りの雨が降り続いています」

今治では、午前2時25分までの1時間に降った雨の量が30.5ミリ。5月の観測史上最大となる激しい雨となりました。

この雨で、今治市の商店街にある居酒屋では、店の裏の川の水が増水し、床下を通って厨房にまで入ってきたといいます。

味道楽ひがき 檜垣博之代表:
「マットの上に2センチやから4センチくらいかな水が。床だけ全部浸かって朝から水を出して大掃除」

店の前には水浸しになったマットを干して乾かしていました。

檜垣代表:
「予約が11時に入っている。店がわやにっているからどうしようかと考えている。本当に困ります」

けさの松山市内も大雨の中、通勤や通学する人の姿が見られました。降り続く雨で道路も冠水…

清家記者:
「こちらの道路は冠水していまして、入ってみると私のくるぶしくらいまでの深さがあります」

警察官が交通整理にあたっていました。

冠水は道後でも。用水路から溢れた雨水で道路が冠水。

この道路は幼稚園に向かう道にもなっていて、親子が冠水した道路を慎重に歩きながら登園していました。

24時間に降った雨の量は東温市上林で166.5ミリ、松山で156ミリなど、6つの地点で5月の観測史上最大となりました。

また、松山など8つの地点では平年の5月1か月分を超える雨が降りました。この大雨で、松山市は一部の地区に高齢者等避難を発令しましたが、午後3時前に解除しました。

交通機関にも影響が出ました。

清家記者:
「午前10時過ぎのJR松山駅です。電光掲示板には宇和島行きの特急列車が運休となっています」

宇和島に行く予定の女性:
「15時か17時まで動かないかもわからないと言われたから困っているところ。バスで行こうかなと思っている」

宇和島に行く予定の男性:
「きのう松山で仕事を終えてきょう宇和島に移動の予定だったが、もう駄目ですね」

JR四国では、現在も予讃線などの一部区間で運休や遅れが出ています。

かわって四国中央市新宮町。国道に土砂が流れ込み道の半分を塞ぎ、片側交互通行に。(現在は規制解除)

竹林記者:
「重機が入ってきました。土砂を取り除く作業がこれから始まります」

四国中央では午前10時50分までの1時間に28.5ミリを記録。

県四国中央土木事務所の職員:
「通報があったのが2時間前位で現在応急対応で土砂を撤去している状況です」

砥部町川井では、山から流れた土砂が排水溝につまり道路に水が溢れ、水が坂道を勢いよく流れていきます。

滝口記者:
「あちらの山から排水溝を流れてきた土砂がこちらで詰まり水が溢れ出ているということです」

坂を下った先の道路には流された土砂も…

近くに住む吉田さん:
「表へ出てみたら水浸しになっとるしここの水がだいぶ流れよった。雨が多いときは年に2,3回はあるが今日みたいなことは無かったんだけどちょっと今日は…」

大雨は南予でも…

宇和島市の西川喜久夫さん。先月17日の豊後水道の地震で、親族の住宅の屋根が一部崩れる被害があり、現在も屋根にはブルーシートが。シートを何重にも張り、土のうで固定していました。

西川さん:
「雨漏りは全然していないんで助かってます。早く直そうかと思ってるんですけど、また地震がきたら大変なんで、まだしばらくはそのままにいておこうと思っています」

    南海放送のニュース

    • 日テレNEWS NNN
    • 社会
    • 県内各地で大雨 昼すぎにピーク過ぎるも…道路冠水や床下浸水など被害 1日で1か月分の雨が降った場所も