×

林記者も「整ったぁ」ボールパークの北広島市…次なる町おこしに注目したのは“サウナ飯”

2024年2月21日 19:03
林記者も「整ったぁ」ボールパークの北広島市…次なる町おこしに注目したのは“サウナ飯”

ボールパーク開業で沸く北海道・北広島市が、再び「熱気」を帯びています。

マチを「熱く」盛り上げるために、地域おこし協力隊が“一肌“脱いで、サウナを使ったスタンプラリーを企画しました。

北海道日本ハムファイターズの新たなお膝元・北広島市。

2023年3月の北海道ボールパークFビレッジの開業以来、全国的に知名度が上昇しました。

そんなこのマチで、「ホット」なスランプラリーが始まっています。

そのカギとなるのはー

サウナです。

2024年1月から始まったのは、市内の温浴施設でサウナとお風呂、そして入浴後の食事、いわゆる「サ飯(さめし)」を楽しんでもらうスタンプラリーです。

(林記者)「スタンプはスマホアプリで集めることができます」

天然温泉が自慢のこの施設。

サウナに入ってしっかりと汗をかいた後はー

線路を見下ろしながら、心地よい外気浴を楽しめます。

そしてサウナの後にはもちろん「サ飯」。

市内で丁寧に加工されたシカ肉を使った「鹿肉ジンギスカン丼」です!

一方北広島温泉「楓楓」では、広々としたサウナ室で思う存分汗をかくことができます。

こちらの「サ飯」は、市内人気店のジンギスカンを使った特製のビビンバ。

そのお味はー

(林記者)「ジンギスカンとビビンバの組み合わせは初めてだが、ピリ辛で食がすすみますね」

こうした「サ飯」は、いずれも北広島市の食材を使ったものです。

スタンプラリーは、ボールパーク内の温泉施設を含む市内の5か所が対象で、スタンプを集めると抽選などで日帰り入浴券や、北広島市の食材がもらえます。

この一風変わった取り組みの仕掛け人は、北広島市の地域おこし協力隊・円谷さんです。

週に2回は通うという大のサウナ好きで、高温から頭を守る帽子ももちろん、私物です。

(北広島市地域おこし協力隊 円谷翼さん)「昨年度、Fビレッジ、ボールパークが開業して、より北広島知ってもらうきっかけがあったと思うんですけれども、より北広島全体を知ってもらいたい。市内に何店舗かあるサウナも特徴的で、あのときも非常にファンも多くて。北広島の食も知ってもらえて、サウナ自体のよさも知ってもらえる。」

ボールパークを含めたマチ全体の魅力を伝えるため、ひと汗をかこうというアツい思いー。

皆さんも、熱気あふれる北広島市でととのってみませんか?






    札幌テレビのニュース

    • 日テレNEWS NNN
    • 社会
    • 林記者も「整ったぁ」ボールパークの北広島市…次なる町おこしに注目したのは“サウナ飯”