×

日テレNEWS NNN|日本テレビ系NNN30局のニュースサイト

「世界に引けをとらない」侍ジャパン井端弘和監督 代表メンバーには長打力&スピード期待

2023年10月24日 17:10
「世界に引けをとらない」侍ジャパン井端弘和監督 代表メンバーには長打力&スピード期待
侍ジャパンメンバー一覧
侍ジャパン井端弘和監督が11月に開幕する「カーネクスト アジアプロ野球チャンピオンシップ2023」の代表メンバー発表を受け、会見。選考の意図などを明かしました。

今大会は若手メンバーを中心に26名の選手を選出。選考の意図について「能力が高い選手たちですが、何かのきっかけで来季以降飛躍してほしいなという選手。このような大会を通じて全選手がまた来年以降活躍してほしいと思っている。今回選ばれなかった選手もまた選ばれるようにやってほしいなと思います」と話しました。

長距離とスピードを兼ね備えるのが日本の野球という井端監督。今大会では阪神の佐藤輝明選手やWBCの代表にも選ばれた牧秀悟選手など長距離を得意とするバッターを選出。「長距離というところでは世界に引けを取らないかなと。次世代のホームランバッターというとこで期待しています」と期待を寄せました。

一方でスピード面に関しても「二遊間でも外野でもスピードがある選手がいるので、バランス良くとれたと思う」と手応えを感じている様子でした。

さらに「日本の野球は守備力は世界でもトップクラス。そこは間違いないので、守備からもリズムが作れるかなと思います」と守備力も高く評価しました。

井端監督自身は現役時代、2番バッターとして活躍。代表で求められる2番バッターの役割を問われると「WBCの時の近藤(健介)選手みたいに粘れて、つなぎもできる選手が入ってくるのが理想。そうでなければ長打なのか小技がきくのかは合宿で見極めてオーダーを組みたいと思います」と話しました。

また、オーバーエイジ枠に広島の坂倉将吾選手を選んだ理由については「打てるキャッチャーでは球界で数少ない一人だと思う。ここから長く代表をつとめるキャッチャーになってほしいと思い呼びました」と理由を明かしました。