日テレNEWS
スポーツ
2022年7月26日 19:22

【ホームランダービー】ソフトバンク・柳田悠岐が決勝進出 敗れた西武・山川穂高「心が折れました」

【ホームランダービー】ソフトバンク・柳田悠岐が決勝進出 敗れた西武・山川穂高「心が折れました」
ホームランダービー決勝進出を果たしたソフトバンク・柳田悠岐選手

26日、プロ野球・マイナビオールスターゲーム2022第1戦に先駆け、球界屈指のスラッガーが出場する「ホームランダービー」が行われました。

2分間、球数無制限でホームランを放った本数で争われる「ホームランダービー」。

決勝進出をかけ準決勝で対決したのはソフトバンク・柳田悠岐選手と西武・山川穂高選手。

先攻は柳田選手。時間終盤にホームランを量産し、7本を記録します。対する後攻は山川選手。ホームラン数を伸ばすことができず3本で終了。7-3で柳田選手が勝利し、27日の決勝に進出しました。

ホームランダービー後、山川選手は「ギータさん(柳田選手)が7本打った時点で、心が折れました。8本は無理でした」と悔しさをにじませながらも、すがすがしい表情で振り返りました。

勝利した柳田選手は27日、松山で行われる決勝に出場します。