日テレNEWS
スポーツ
2022年8月5日 22:04

巨人・クロール ピンチ広げるも無失点で切り抜ける 巨人はからくも逃げ切り勝利

巨人・クロール ピンチ広げるも無失点で切り抜ける 巨人はからくも逃げ切り勝利
巨人のクロール投手

◇プロ野球セ・リーグ 巨人9-5ヤクルト(5日、神宮球場)

9回、戸田懐生投手がグランドスラムを被弾し、9-5と追いつかれた巨人は、1アウト1塁の場面で、マウンドにクロール投手を送ります。

ヤクルトの内山壮真選手をピッチャーゴロに打ち取りましたが、難しい位置に転がり、あせったのかクロール投手が悪送球。1アウト2、3塁とピンチを作ってしまいます。そして、迎えるは塩見泰隆選手。初球2球で空振りをとり、2ストライクに簡単に追い込むもその後、ファウルで粘られます。最後13球目は真ん中へのチェンジアップ。塩見選手はバットを止めるも、ハーフスイングで、三振に。最後は西田明央選手をセカンドフライに打ち取り何とかピンチを切り抜けました。