×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 【広島】野間峻祥の打球はDeNA・林のナイスプレーに阻まれる 先制チャンスで得点奪えず5回まで0-0

【広島】野間峻祥の打球はDeNA・林のナイスプレーに阻まれる 先制チャンスで得点奪えず5回まで0-0

2023年10月14日 14:27
【広島】野間峻祥の打球はDeNA・林のナイスプレーに阻まれる 先制チャンスで得点奪えず5回まで0-0
広島・野間峻祥選手
プロ野球セ・リーグ クライマックスシリーズファーストステージ 広島-DeNA(14日、マツダスタジアム)

広島が1アウト2、3塁のチャンスを作りましたが得点を奪うことができませんでした。

0-0で迎えた3回、先頭の7番・坂倉将吾選手がフルカウントからDeNA先発・東克樹投手のカットボールをセンター前へはじき返し出塁。続く8番のデビッドソン選手がフォアボールを選ぶと、9番の床田寛樹投手がきっちりと送りバントを決め1アウト2、3塁と先制のチャンスを作ります。

しかし、続く1番の菊池涼介選手は144キロのストレートに空振り三振。続く2番・野間峻祥選手は三遊間へ強い打球を飛ばしますが、DeNAのショート・林琢真選手が逆シングルでキャッチし、すぐさまファーストへ正確な送球。好守に阻まれ先制とはなりませんでした。

その後も両チーム得点を奪えず、5回を終え0-0となっています。