×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 【中日】終盤の得点で逆転勝利 宇佐見真吾が同点打 高橋周平は勝ち越しタイムリー

【中日】終盤の得点で逆転勝利 宇佐見真吾が同点打 高橋周平は勝ち越しタイムリー

2023年6月30日 21:03
プロ野球セ・リーグ 中日2-1DeNA(30日横浜スタジアム)

中日は終盤に得点をあげ、逆転で勝利しました。

中日は4回、DeNA先発・今永昇太投手から大島洋平選手が内野安打で出塁すると、続く岡林勇希選手が犠打でランナー2塁のチャンス。しかし、3番石川昂弥選手と4番細川成也選手がともにサードゴロに倒れ、得点を奪えません

すると先発の小笠原慎之介投手はその裏、3塁1塁のピンチ。戸柱恭孝選手の内野ゴロの間に3塁ランナーがホームインし、先制を許します。

打線は今永投手の前にチャンスを作るも7回まで得点を奪えません。それでも8回、2アウト2塁のチャンスで打順は小笠原投手。ここで立浪和義監督は宇佐見真吾選手を代打に送ります。宇佐見選手は4球目のカットボールを捉えセンターへタイムリー2ベース。同点に追いつきます。

さらに9回にはランナー1塁で高橋周平選手がレフトへタイムリー2ベースを放ち、土壇場で勝ち越し。終盤に試合をひっくり返した中日が勝利しています。