×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 中日のミラクル8 フィルダースチョイスにスクイズ 阪神にしてやられた攻撃 DeNAでその“うさ”晴らす

中日のミラクル8 フィルダースチョイスにスクイズ 阪神にしてやられた攻撃 DeNAでその“うさ”晴らす

2022年5月3日 18:02
プロ野球セ・リーグ DeNA―中日(3日、横浜スタジアム)

4-3とリードした8回。中日は木下拓哉選手が右中間へのヒットを放つも、京田陽太選手が送りバント失敗でランナーが入れ替わります。

代打の郡司裕也選手がフォアボールを選び、1アウト1、2塁。

ここで途中から出場している加藤翔平選手が打席にたちます。

ここは打ち損じて、ボテボテのゴロが、うまくバントのように3塁線に転がっていくと、加藤選手はヘッドスライディングでセーフ。さらにサードの柴田竜拓選手の送球が乱れ、2塁にいた京田選手が一気にホームインし、1点を追加しました。

さらに、岡林勇希選手がスクイズ。マウンド上の田中健二朗投手がホームにトスするも、キャッチャーはタッチできずセーフ。これがフィルダースチョイスと記録されました。

1アウト1、3塁の場面でDeNAはここでピッチャー三嶋一輝投手に交代。

3番の石川昂弥選手も左中間への犠飛で、点を追加し、「ミラクル8」を発動しています。

4月28日の阪神戦、大野雄大投手が投げた試合で阪神にフィルダースチョイスにスクイズで失点した中日。ここで見事その“うさ”を晴らしました。