日テレNEWS
スポーツ
2021年5月3日 17:45

飛込W杯 榎本遼香が五輪代表確実に

飛込W杯 榎本遼香が五輪代表確実に

◆FINA飛込ワールドカップ2021 大会3日目(3日・東京アクアティクスセンター)

東京五輪代表の最終選考会を兼ねた飛込のワールドカップは3日、女子3m板飛び込み予選が行われ、個人種目で初の五輪代表を目指す榎本遼香選手(24)が出場しました。

この種目、予選上位18人による準決勝へ進めば、東京五輪代表が確実となる今大会。

全5本行われる予選の演技で榎本選手は、4本目に70点を超える高得点をマーク。その後も、最後まで大きく乱れることなく演技をまとめ、294.45点で予選9位に入り、準決勝に進みました。

榎本選手は、準決勝に出場し順位が確定すれば、東京五輪代表に内定します。予選を終えて榎本選手は、「この1年間、(予選)18位以内に入るために毎日練習してきて、1本目から足が震えてどうなることかと思ったんですけど、とりあえず準決勝進出が決まって安心しています。今まで練習してきた流れがそのまま出た感じで、落ち着いて取り組むことができた」と、喜びを語りました。

写真:西村尚己/アフロスポーツ