×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 「アレより恥ずかしいことはもうない」巨人・浅野翔吾 プロ初出場を振り返る 「ファンの方が『大丈夫だよ』って」

「アレより恥ずかしいことはもうない」巨人・浅野翔吾 プロ初出場を振り返る 「ファンの方が『大丈夫だよ』って」

2023年7月9日 11:32
「アレより恥ずかしいことはもうない」巨人・浅野翔吾 プロ初出場を振り返る 「ファンの方が『大丈夫だよ』って」
転倒後に菅野智之投手に声をかけられた浅野翔吾選手(画像:日テレジータス)
プロ野球セ・リーグ 巨人6-0DeNA(8日、東京ドーム)

この日、巨人のドラフト1位ルーキー浅野翔吾選手がプロ初出場を果たしました。2三振に守備では転倒するというアクシデントもありましたが、東京ドームに集まったファンからは将来への期待を込めた大きな拍手が送られました。

試合後、報道陣の前に少し照れたように笑いながら現れた浅野選手。「気持ちはあんまり緊張してなかったんですけど、やっぱ体が緊張して全然思ってるように動かなかった(笑)」と転倒したことを念頭に置いていたのか、少し笑って話しました。

「菅野さんには申し訳ないんですけど、アレより恥ずかしいことはもうないと思うんで、これから、もっと思い切ったプレーをできたらいいかなと思います」

観客から送られた声援については「今まで聞いたことないくらいすごかったので、これからだなと思いました」と一言。「こけたときもスタンドのファンの方が『大丈夫だよ』って声をかけてくれましたし、ファンの人は優しい方が多いと思うので、これからもっと活躍して、ファンの方に喜んでもらえるように頑張りたいなと思います」と続けました。

取材を終えたときも、少し恥ずかしそうに笑いながらロッカールームに引きあげて行った18歳。これからが楽しみです。