日テレNEWS
スポーツ
2021年7月27日 19:20

最終試技で120キロ!安藤が大逆転で銅

◇東京五輪、7月27日、大会5日目、ウエイトリフティング・女子59キロ級

ウエイトリフティングは、一気に頭上まで持ち上げて立ち上がる「スナッチ」と、いったん鎖骨の位置までバーベルを持ち上げ(クリーン)、次の動作で頭上に差し上げる(ジャーク)「クリーン&ジャーク」で争われます。

女子59キロ級の安藤選手。「スナッチ」では94キロで6位でしたが、「クリーン&ジャーク」の最終試技で120キロを挙げ大逆転。合計214キロで一気に順位を上げ、銅メダルを獲得しました。

リオ五輪5位とあと一歩のところで表彰台を逃した雪辱を果たし、この競技では三宅宏実選手以来となるメダル獲得です。

写真:AFP/アフロ