日テレNEWS
スポーツ
2021年12月17日 20:35

箱根優勝へ青学の原監督「最強軍団が誕生」

箱根優勝へ青学の原監督「最強軍団が誕生」
(c)NNN

青山学院大学相模原キャンパスにて、第98回箱根駅伝に出場する陸上部に向けた壮行会が行われ、原晋監督をはじめとする13選手が大会への抱負を述べました。

「パワフル大作戦」をテーマとして掲げた今年の青山学院。原監督は「過去最高の状態に現在のところ仕上がっています。史上最強軍団が誕生しております」と太鼓判を押しました。

主将の飯田貴之選手は、「今まで箱根駅伝3度出場させてもらって今年で4度目になるんですけど、個人ではずっと区間2位で悔しい思いをしているので、そして今年の駅伝大会、出雲全日本とどっちも2位で、本当にずっと2位でもうこりごりしている。最後は個人でも区間賞とって、チームの優勝をたぐり寄せる走りをしたいと思います」とリベンジを誓います。

さらに、「この過去最高のチームで、最後箱根駅伝で優勝することでその強さを証明していきたいと思っています」と力強くコメント。今までの悔しさを糧に、主将がチームをけん引します。

そして、「箱根駅伝で僕がニューヒーロー、ニュースターになれるような走りをできるように頑張っていきたい」と話すのは1年生の太田蒼生選手です。太田選手は高校生の時に原監督から、「大学1年生で箱根駅伝の選手になれたら“スーパースター”になれる」と言われたエピソードを明かしました。原監督の期待に応えるべく区間エントリーを目指します。

悔しさを知る4年生と、初の箱根駅伝に臨むルーキー、全員が一丸となって2年ぶりの優勝を目指します。