日テレNEWS
スポーツ
2021年12月24日 20:55

東京V元監督をパワハラ認定 クラブに懲罰

東京V元監督をパワハラ認定 クラブに懲罰

サッカー・Jリーグは24日、J2・東京ヴェルディ元監督の永井秀樹氏がパワハラ行為を行っていたとして、同クラブに対して、管理監督義務違反などで「けん責」と「罰金100万円」の懲罰を決定したと発表しました。

東京VがJリーグに提出したコンプライアンス委員会の報告書によれば、永井元監督が、同クラブ所属の選手らに対し「人格等を否定する言葉や暴言」などを行っていたとし、ハラスメント行為が認定されていました。

その後、Jリーグはクラブ取締役などに直接事情聴取を行い、事実確認し、クラブ側は管理監督義務違反を認めました。

これを受けて、Jリーグは、同クラブがJリーグの社会的信用を毀損(きそん)したものとみなし、同処分を科すことを決定しました。

きょう行われた会見で、Jリーグの村井満チェアマンは「ハラスメント行為の撲滅を徹底してきたが、まだまだ力不足があり、繰り返されていた」とコメント。

クラブに対し「再発防止徹底、ハラスメントの防止徹底をお願いした」と明かしました。

2019年に東京Vの監督に就任した永井氏は、今年9月に「成績不振」を理由に辞任。Jリーグは、永井氏が現在Jリーグ関係者でないため、処分の対象にはなく、クラブの監督責任を追及したということです。


※写真は今年5月
写真:アフロ