×

【箱根駅伝】55年ぶり出場の立教大・上野監督を実況担当・蛯原アナが直撃 “スイッチが入った”きっかけ明かす

2022年12月13日 6:05
【箱根駅伝】55年ぶり出場の立教大・上野監督を実況担当・蛯原アナが直撃 “スイッチが入った”きっかけ明かす
箱根駅伝の取材について語る蛯原哲アナウンサー
毎年1月2日、3日に行われる箱根駅伝は、2023年に99回目を迎えます。連覇を狙う青山学院大学、出雲・全日本を制した優勝候補の駒澤大学など20校と、関東学生連合チームの計21チームが参加し、往路と復路の計10区間を競い合います。その実況を担当するアナウンサーの取材は、11月中旬から本格化。ここではアナウンサーの取材エピソードを一足早く紹介します。

箱根駅伝の実況担当23年目を迎えるのは、日本テレビの蛯原哲アナウンサー。5年連続で、先頭集団を実況する「1号車」を担当します。その蛯原アナが直撃したのは、予選会を突破し、55年ぶりに箱根駅伝本大会出場を決めた立教大学の上野裕一郎監督です。

――蛯原アナ
(箱根駅伝出場で)周りの反応は変わってきましたか?

――上野監督
そうですね、反応はすごく変わって、本当にいろんな反響があります。(選手と)寮に一緒にいるので、家のことは放置しっぱなしで(子どもに)嫌われているんじゃないかなと。でも妻が一生懸命やってくれていて心配なく寮を見ていられるから、就任4年で箱根駅伝に出られたんだと思います。

上野監督の口からまず飛び出したのは、家族への感謝の言葉でした。そして、上野監督の学生時代の話題に移ります。

――蛯原アナ
上野さんの学生時代に、(箱根駅伝の)実況しました。

――上野監督
最後、死んでいたやつですね。ほんとキツかったです。

2005年の箱根駅伝。上野監督は中央大学のスーパールーキーとして1区に挑むも、思うような走りができず区間19位。悔しい結果に終わりました。

――蛯原アナ
その後の人生に影響は?
――上野監督
“がんばってやらないと、人間ってこうなるんだな”と、スイッチが入りましたね。あれがなかったら(自分は)変わっていなかった。ここまでなっていなかったと思います。

立教大学が55年ぶりに箱根駅伝への切符をつかんだ裏には、上野監督が学生時代に経験した“悔しさ”があったことを明かしました。

箱根駅伝のベテラン・蛯原アナが大切にしているのは、駅伝に出場する選手や監督だけでなく、選手の故郷や家族についても徹底的に取材し、自身の「ことば」に乗せること。往復14時間の放送に挑む実況アナウンサーの“フカボリ取材の裏側”は、12月14日(水)夜9時からの特番『有働由美子とフカボリ記者』で詳しく紹介します。

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 【箱根駅伝】55年ぶり出場の立教大・上野監督を実況担当・蛯原アナが直撃 “スイッチが入った”きっかけ明かす