×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 「伸びる素質は僕の方が」ヤクルト1位 専修大・西舘昂汰 巨人ドラ1西舘勇陽にライバル心

「伸びる素質は僕の方が」ヤクルト1位 専修大・西舘昂汰 巨人ドラ1西舘勇陽にライバル心

2023年10月26日 21:07
「伸びる素質は僕の方が」ヤクルト1位 専修大・西舘昂汰 巨人ドラ1西舘勇陽にライバル心
ヤクルトに1位指名された専修大・西舘昂汰投手
プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD(26日)

専修大学の西舘昂汰投手は、ヤクルトが2回目の1位指名で交渉権を獲得しました。

西舘投手は「昨夜からあまり眠れず、すごく不安な気持ちがあっていまも選ばれたがあまり実感がなくて、本当に今はホッとしている。ヤクルトスワローズさんに感謝の気持ちでいっぱいです」と安どの表情。

球団の印象を「東京にあるのでけっこう都会なチームだなというイメージ、僕はバッティングもしたかったので、セ・リーグでバッティングも頑張っていきたい」と話すと、会場がざわつきました。

対戦したいバッターには「村上(宗隆)選手と対戦したかったが同じチームなので、日本のプロ野球はいいバッターがたくさんいてソフトバンクの柳田(悠岐)選手が好きなので対戦して三振をとりたい」と意気込み、同年代ピッチャーとの対戦は「いいピッチャーが多くて、宮城大弥投手、奥川(恭伸)投手、佐々木朗希投手、侍ジャパンとして投げている選手とやってみたい」と話しました。

また、巨人がドラフト1位で交渉権を獲得した同姓の中央大・西舘勇陽投手を意識するか、との質問に「ネットの記事では中央大の西舘が掲載されていて、ぼくは『じゃない方』の西舘と言われることがけっこう多くてそれが悔しかった。中央大の西舘投手も真っすぐの力が強いが、ぼくもそれは負けられないステータスだと思っているので、僕自身はライバル視していることはよくありました」とメラメラと闘志を燃やしました。

さらに「話した感じは中央大の西舘選手は僕のことをあまり気にしていないような感じで、それが逆に『くそー』という感じで、闘争心をむき出しでやっていた」と明かし、「まだ西舘選手の視野に入る選手ではないのかなと思うが、これから活躍するために伸びていく素質はぼくがあると思うので、負けじとやっていきたいと思う」と強気な気持ちを語りました。

「ファンの人に応援される選手、応援されると僕も頑張れるので、人としてひきつけられる選手になりたい」と目標を語りました。