×

プロ野球選手会がひぼう中傷行為に対し対応 裁判所に発信者情報開示命令を申立て 「選手の力になる前向きなご声援を」

2024年5月15日 17:00
プロ野球選手会がひぼう中傷行為に対し対応 裁判所に発信者情報開示命令を申立て 「選手の力になる前向きなご声援を」
ひぼう中傷に法的措置を講じた日本プロ野球選手会(写真:アフロ)
日本プロ野球選手会は15日、「プロ野球選手に対する誹謗中傷行為等への対応報告」を発表しました。

選手会は昨年からSNSなどに投稿されるひぼう中傷に対して注意喚起を実施。今シーズンの開幕前には悪質なひぼう中傷行為に対して、複数の法的措置を講じたことを報告していました。

しかし、これ以降もSNSなどでひぼう中傷、侮辱や脅迫などが行われていたことを確認し、ひぼう中傷行為などを行ったアカウントを対象として、裁判所に対し発信者情報開示命令申立てを新たに複数行ったことを報告しました。

選手会は改めて「ファンのみなさまには、重ねてのお願いにはなりますが、誹謗中傷等を拡散しないこと、SNS等での投稿にあたってマナーを守っていただくことを改めてお願いするとともに、選手の力になる前向きなご声援をたくさん送っていただけることを心より願っています」とコメントしました。

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • プロ野球選手会がひぼう中傷行為に対し対応 裁判所に発信者情報開示命令を申立て 「選手の力になる前向きなご声援を」