×

アユ漁の豊漁と安全を祈願 防府天満宮で金鮎祭

2024年5月15日 17:46
アユ漁の豊漁と安全を祈願 防府天満宮で金鮎祭

来月(6月)1日のアユ漁解禁を前に、豊漁や安全を祈願する金鮎祭がきょう、防府天満宮で行われました。

「学問の神様」=菅原道真公を祀る防府天満宮。
道真公は九州へ左遷される際防府に立ち寄り、家宝の金の鮎12匹を残したとされています。

金鮎祭ではアユを奉納して道真公をしのび、その年のアユ漁の豊漁や安全を祈願します。

神前には、佐波川漁業協同組合が漁解禁前にきのう特別に捕獲した天然のアユ12匹が奉納され、参加者らは玉ぐしをささげことしの豊漁を祈っていました。

佐波川漁協によりますとことしのアユは例年より大きいということです。

(佐波川漁業協同組合 板垣 幸男組合長)
「このとおり。12~13センチかな。非常に安心している。だから今年は結構かかると思う。本当に立派でしょう。佐波川の自慢になる。佐波川の組合員だけじゃなくて県外からも来てほしい。」

来月1日のアユ漁解禁を前に、佐波川漁協では先月から今月にかけておよそ2トンのアユを放流していきます。

    • KRY NEWS NNN
    • アユ漁の豊漁と安全を祈願 防府天満宮で金鮎祭