×

「介護保険料を払いすぎている」うそ電話 山口市の70代女性およそ740万円だまし取られる

2024年3月2日 11:35
「介護保険料を払いすぎている」うそ電話 山口市の70代女性およそ740万円だまし取られる

「市役所」を名乗る男からうその電話があり、山口市の70代女性が現金およそ740万円をだましとられる詐欺事件が発生しました。

山口警察署の発表によりますと先月(2月)上旬頃山口市内の70代女性に「市役所」を名乗る男から「介護保険料を払いすぎていると封書を送ったが確認したか」「見ていないのであれば金融機関に行き手続きをしてもらいたい」などと電話がありました。

その後、「金融機関のイシダ」を名乗る男から電話で指示されるまま、女性は山口市内の金融機関からATMを操作しました。

その後もATMの動作不良などを理由に繰り返しATMに行くように指示され、先月10日から28日までの間に16回に渡りATMを操作、あわせておよそ740万円を振り込んだということです。

きのう(1日)不審に思った女性が金融機関に相談、詐欺を疑った金融機関から警察に通報があり被害が発覚しました。

警察では「還付金がある」「払い戻しがある」「ATMで手続きができる」などの電話があった場合は詐欺を疑うよう注意を呼びかけています。

    • KRY NEWS NNN
    • 「介護保険料を払いすぎている」うそ電話 山口市の70代女性およそ740万円だまし取られる