×

「憧れをつくる側に」ハウステンボスに92人入社 社長が激励「世界に輝くリゾートに」《長崎》

2024年4月1日 20:55
「憧れをつくる側に」ハウステンボスに92人入社 社長が激励「世界に輝くリゾートに」《長崎》

県内の企業や官公庁でも入社式や辞令交付式が行われ、新入社員らが新たなスタートを切りました。

(新入社員)
「憧れでもあるハウステンボスを、“見る側”から“つくる側”になれると思うと緊張している。それでも、思い出に残る体験をお客様に届けたい」

佐世保市のハウステンボスにはこの春、高校や大学を卒業した92人が入社しました。

ハウステンボスでは去年、従業員の公休を増やしたほか、賃上げも行うなど待遇の改善を行い、採用活動を強化した結果、7年ぶりの大規模採用となりました。

入社式では、東京ディズニーリゾートの経営戦略に携わった後、去年就任した髙村 耕太郎社長が新入社員を激励しました。

(髙村 耕太郎社長)
「世界に向けて、長崎・佐世保から輝くリゾートになるために、本気で取り組んでいきたい。飛躍していくことを、皆さんと取り組んでいきたい」

式ではハウステンボスのキャラクターが、新入社員を歓迎。

先輩社員からはエールが送られました。

(新入社員)
「(日本)最大のテーマパークなので、初めて仕事をする身としても(入社して)うれしいのが一番」

(新入社員)
「たくさんの人を幸せにできるような“ホストクルー”になりたい」

新入社員たちは、約3か月の研修の後、それぞれの部署に配属されるということです。

    • NIB NEWS NNN
    • 「憧れをつくる側に」ハウステンボスに92人入社 社長が激励「世界に輝くリゾートに」《長崎》