×

  • 日テレNEWS NNN
  • カルチャー
  • 広瀬すず&松坂桃李主演映画 『流浪の月』 ティザービジュアルが公開 思わず引き込まれそうになる表情に注目

広瀬すず&松坂桃李主演映画 『流浪の月』 ティザービジュアルが公開 思わず引き込まれそうになる表情に注目

2022年2月22日 21:40
広瀬すず&松坂桃李主演映画 『流浪の月』 ティザービジュアルが公開 思わず引き込まれそうになる表情に注目
(C)2022「流浪の月」製作委員会 配給:ギャガ

俳優の広瀬すずさん(23)と松坂桃李さん(33)がダブル主演する映画『流浪の月』の公開日が5月13日に決定。合わせて作品のティザービジュアルが公開されました。

映画は2020年に本屋大賞を受賞し、同年の年間ベストセラー1位に輝いた凪良ゆうさんの小説が原作。広瀬さんは、10歳の時に誘拐事件の “被害女児” となり広く世間に名前を知られることになった、家内更紗(かない・さらさ)を、松坂さんは、誘拐事件の “加害者” とされた当時19歳の青年・佐伯文(さえき・ふみ)を演じます。また、事件から15年たった現在の更紗の恋人・亮を横浜流星さんが、癒えない心の傷を抱える文に寄り添う看護師・谷あゆみを多部未華子さんが演じることも発表されています。

公開されたティザービジュアルには、思わず引き込まれそうになる表情の更紗と文に加え、亮とあゆみの姿も描かれており、それぞれの関係について何かを思い詰めるような表情が並ぶビジュアルになっています。