日テレNEWS
カルチャー
2019年6月11日 18:01

MEGUMI、優しいお母さん役は新境地 

MEGUMI、優しいお母さん役は新境地 
(c)NNN

俳優の別所哲也(53)、女優のMEGUMI(37)、子役の木村皐誠(9)らが11日、都内で行われたブランデッドムービー「上田家の食卓」のプレミア発表会に出席した。

ブランデッドムービーは、企業などがブランディングを目的に制作したショートフィルム。

MEGUMIと木村は個性あふれる「上田家」の親子を熱演した。朗らかなお母さん、という役どころにMEGUMIは「割と人を殴ったり殺したりする役が多いので、こういうのは私にとって新境地。誰も叩くことがなく終わってよかった」とにっこり。「ちょっと気を許すと『キーッ!』っという(ヒステリックな)お芝居の方向になりそうになるので、そうじゃない自分を、と常に意識しながらやりました」と話した。

木村は「MEGUMIママはすごいお芝居が上手で、すごいなあって思いました」とMEGUMIを見上げにっこり。過去にも共演経験があるといい、MEGUMIは木村を見つめ「今回は初めて優しいお母さんっていうシチュエーションなんだよね〜」とはにかみあった。

発表会は、国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2019」の一部門「ブランデッドショート」の一環として行われた。「ショートショートフィルム〜」の代表を務める別所は「広告とシネマのハイブリッドなコンテンツ」と紹介し、ブランデッドムービーの将来性をアピールした。