日テレNEWS
カルチャー
2022年2月8日 22:51

【速報】日本史上初の快挙 米アカデミー賞作品賞に西島秀俊主演『ドライブ・マイ・カー』ノミネート

【速報】日本史上初の快挙 米アカデミー賞作品賞に西島秀俊主演『ドライブ・マイ・カー』ノミネート
(C)2021『ドライブ・マイ・カー』製作委員会 全国公開中 PG12

アメリカ・アカデミー賞のノミネート作品が8日、オンラインで発表され、濱口竜介監督が手掛けた西島秀俊さん主演映画『ドライブ・マイ・カー』が作品賞にノミネートされました。日本の映画がアメリカのアカデミー賞で作品賞にノミネートされるのは、94回続くアカデミー賞で“史上初”となります。作品は監督賞、脚色賞、国際長編映画賞の計4部門にノミネートされました。

村上春樹さんの短編小説が原作となっているこの映画。俳優で演出家の主人公が専属ドライバーと出会ったことをきっかけに、亡くなった妻の秘密と向き合っていく物語です。主人公を西島秀俊さん、専属ドライバーを三浦透子さんが演じるほか、岡田将生さんや霧島れいかさんらが出演しています。

これまでに『ドライブ・マイ・カー』は、アカデミー賞の前哨戦とも言われる『ゴールデングローブ賞』で62年ぶりとなる非英語映画賞を受賞。さらに『第74回カンヌ国際映画祭』で、日本映画初の脚本賞を含む4冠を受賞しています。

今年1月に発表された『第56回全米批評家協会賞』では、主人公を演じた西島秀俊さんが、アジア人俳優として初の主演男優賞を受賞するという快挙も達成し、世界中で注目されていました。

また、作品賞には『ドライブ・マイ・カー』の他に、以下の映画がノミネートされました。

・ベルファスト
・コーダ あいのうた
・ドント・ルック・アップ
・DUNE/デューン 砂の惑星
・ドリームプラン
・リコリス・ピザ
・ナイトメア・アリー
・パワー・オブ・ザ・ドッグ
・ウエスト・サイド・ストーリー

アメリカ・アカデミー賞の授賞式は3月28日(日本時間)に行われる予定です。