日テレNEWS
カルチャー
2022年4月11日 22:10

市村正親、ミニオンの映画で悪役に「何よりも息子たちが喜んでくれた」

市村正親、ミニオンの映画で悪役に「何よりも息子たちが喜んでくれた」
映画『ミニオンズ フィーバー』に出演する声優が決定

市村正親さん(73)と尾野真千子さん(40)、渡辺直美さん(34)が、映画『ミニオンズ フィーバー』の吹き替え声優を務めることが発表されました。

映画は、悪党チーム “ヴィシャス・シックス” によって、誘拐されてしまった少年グルーを助けるために、ミニオンたちが奮闘する物語です。カンフーの達人のもとで過酷な修行をしたり、飛行機の操縦をしたりしてミニオンたちが大騒動を巻き起こします。

今回、悪党チームの創始者、ワイルド・ナックルズの吹き替えを担当した市村さん。子どもたちに声優のオファーがあったことを報告したそうで「ミニオンという名作に声の出演が決まった時は僕自身驚きましたが、何よりも息子たちが『ミニオン(の最新作に)出るんだ! 嬉しい! 楽しみ!』と喜んでくれたことが僕にとっての一番の喜びでした」と明かしました

また “大のミニオン好き” だという尾野さんは、悪党チームのリーダー、ベル・ボトムを演じます。今回、人を見下すセリフが多かったそうで「普通の立ち方でしゃべっていると、声が上からにならない(高圧的にならない)ような気がして、これは気持ちからだなと思って。その辺にあった椅子を持ち出し、乗って、結構高い位置から『ヘイ、ベイビー!』と演じてみたら(監督から) “いいんじゃない?” とお褒めをいただいたので “これだ” と思ってお立ち台を貫きました」とアフレコ現場での裏話を語りました。

渡辺さんは、カンフーの達人マスター・チャウの吹き替えを担当。ケンカの仲裁に入るような強くて優しいキャラクターと、自身の性格はあまり似ていないと話し「私は絶対仲裁に入りません。怖すぎて。そういったところは逆ですね。似ているところはあまりなく、どちらかというとミニオンたちのテンションのほうが似ているかもしれません。適当に『イェーイ』とか言って大人に怒られるパターンが多いので(笑)」と明かしました。

映画『ミニオンズ フィーバー』
2022年7月15日(金)公開
(c)2021 Universal Pictures and Illumination Entertainment.
All Rights Reserved.
配給:東宝東和