×

日テレNEWS NNN|日本テレビ系NNN30局のニュースサイト

仲野太賀、初恋エピソードで赤面 「好きだった子が受験するって言ったから、じゃあ俺も!って」

2022年6月29日 22:16
仲野太賀、初恋エピソードで赤面 「好きだった子が受験するって言ったから、じゃあ俺も!って」
(左から)柄本佑さん、林遣都さん、仲野太賀さん、松岡茉優さん
7月スタートの日本テレビ系新土曜ドラマ『初恋の悪魔』にW主演する林遣都さん(31)と仲野太賀さん(29)が、最近起きた事件や、初恋について語りました。
ドラマは、林さん演じるヘマをして停職処分中の刑事・鹿浜鈴之介(しかはま・すずのすけ)のもとに部署が異なる3人のワケありメンバーが集結。警察署に勤めながらも捜査権のない4人が、刑事とは違った感性と推理で難事件を解明する、というストーリーです。

総務課の馬淵悠日(まぶち・はるひ)を仲野さんが、生活安全課の摘木星砂(つみき・せすな)を松岡茉優さん(27)、会計課の小鳥琉夏(ことり・るか)を柄本佑さん(35)が演じます。

ドラマの内容にちなみ、最近あった事件を聞かれた林さんは「考え込むと周りが見えなくなる。それで、おととい茉優ちゃんを無視したよね」と松岡さんへ謝罪。続けて「その後、無視してしまったことをまた反省して考え込んで衣装のまま帰っちゃって、途中で“俺着替えてない!”ってなった」とおっちょこちょいな一面を告白。

そこで林さんから共演者に「反省後の切り替え方は?」と質問。松岡さんは「あ、言っちゃった…っていうことあるけど、無かったことにする(笑)」と考えを明かすと、柄本さんは「職業柄、思い込むことにたけてるよね」と笑みを浮かべました。

また、ドラマタイトルにちなんで初恋について語ってくれた仲野さん。「小学生の時にずっと好きだった子が“中学受験する”って言ったからじゃあ俺も!って塾に通って勉強した。でも12月に女の子が“やっぱり受験やめる”って言い出して、俺もやめた。そしたら土壇場でその子は受験することにして、学校は離ればなれになって、切なかった」と淡いエピソードを披露。

しかし、この初恋には続きがあったそうで「その後告白して、少しの間お付き合いしました。学校は離ればなれだったけど地元は一緒だったので」と、恥ずかしそうに明かしました。