日テレNEWS
カルチャー
2022年6月8日 16:44

松岡茉優、“警察官”役に初挑戦 林遣都&仲野太賀W主演のドラマ 「どんな化学反応が起きるのか」

松岡茉優、“警察官”役に初挑戦 林遣都&仲野太賀W主演のドラマ 「どんな化学反応が起きるのか」
新土曜ドラマ『初恋の悪魔』に出演する松岡茉優さん

俳優の松岡茉優さん(27)が、7月にスタートする日本テレビ系新土曜ドラマ『初恋の悪魔』で“警察官”役に初挑戦することになりました。

林遣都さんと仲野太賀さんがW主演する『初恋の悪魔』。警察署に勤めながらも捜査権のない停職処分中の刑事らが、刑事とは違った感性と推理で難事件を解決するミステリアスコメディーです。

今回、松岡さんは、生活安全課に所属する“スカジャン刑事”の摘木星砂(つみき・せすな)を演じます。主に万引きなどを担当する摘木は、かつて県警捜査一課に所属し凶悪事件にも向き合ってきということもあり、服装は“スカジャンスタイル”で、ぶっきらぼう。しかし、実はそれは本当の姿ではなく…という謎の多い役となっています。

本作で初めて“警察官”役に挑戦する松岡さんは、自身の役柄について「例えば、お友達とかに本当は言ってあげたいな、こう言えたらいいのにな、と思うことをさらっと言える人で、脚本を読んでいて気持ちがいいです。登場人物のみんな、そして星砂さん自身も、なにか消化できない思いを抱えている、愛おしい人たちなので、どんな化学反応が起きるのか、私自身とても楽しみです」とコメントしています。