×

  • 日テレNEWS NNN
  • カルチャー
  • 林遣都&仲野太賀 仲良しコンビがドラマ『初恋の悪魔』でW主演 「本当に感慨深い」 脚本家・坂元裕二が書き下ろし

林遣都&仲野太賀 仲良しコンビがドラマ『初恋の悪魔』でW主演 「本当に感慨深い」 脚本家・坂元裕二が書き下ろし

2022年5月23日 20:10
林遣都&仲野太賀 仲良しコンビがドラマ『初恋の悪魔』でW主演 「本当に感慨深い」 脚本家・坂元裕二が書き下ろし
新土曜ドラマ『初恋の悪魔』でダブル主演を務める林遣都さん(左)、仲野太賀さん(右)
俳優の林遣都さん(31)と仲野太賀さん(29)が、7月スタートの日本テレビ系新土曜ドラマ『初恋の悪魔』でダブル主演することが23日、発表されました。

ドラマは、林さん演じるヘマをして停職処分中の刑事・鹿浜鈴之介(しかはま・すずのすけ)のもとに、仲野さん演じる総務課の馬淵悠日(まぶち・はるひ)や、生活安全課、会計課の訳ありメンバーが集結。警察署に勤めながらも捜査権のない4人が、刑事とは違った感性と推理で難事件を解決する、というストーリー。

脚本は、『東京ラブストーリー』『Mother』などのヒットドラマで知られる坂元裕二さんの書き下ろしです。

今回、日本テレビ系ドラマで初めて主演を務める2人は、2007年に公開された林さん主演の映画『バッテリー』で共演して以来の仲。出演が決まった時の心境について林さんは「率直にうれしかったです。デビューの頃から知っている太賀と一緒。うれしいことがたくさん重なり、喜びと共に身の引き締まる思いがあります」とコメント。

ともに主演を務める仲野さんについて林さんは「プライベートではちょこちょこ会っていたんですけど、一緒に仕事をするのは久々なので、ものすごくワクワクしています」と語りました。

一方の仲野さんも「僕にとっては本当に感慨深いです。遣都くんが主演の作品に出させてもらったのが出会いだったので、こうやって並んで主演でやらせてもらえる時がきたのは光栄ですし、勝手に誇らしい気持ちになっています」と喜びを語りました。