日テレNEWS
カルチャー
2022年7月7日 22:45

山下智久「人間としても成長できた作品」 初主演の海外ドラマ 約10か月に及んだ撮影終了

山下智久「人間としても成長できた作品」 初主演の海外ドラマ 約10か月に及んだ撮影終了
Huluオリジナル「神の雫/Drops of God」に出演する山下智久さん

歌手で俳優の山下智久さん(37)が、自身初主演となる海外ドラマ『神の雫/Drops of God』の撮影が終了したことを報告し、コメントを発表しました。

ドラマは、ワインの世界を描いた日本の漫画『神の雫』を実写化した作品で、山下さんは、ワイン学の権威でもあるアレクサンドル・レジェの弟子で、聡明(そうめい)なワイン評論家・遠峰一青(とおみね・いっせい)を演じます。

■撮影期間は約10か月 海外での撮影は困難も

撮影は、2021年8月にフランスでスタート。その後、イタリア、日本などで撮影を実施しましたが、コロナ禍により日本への入国が難しい時期もあったため、一部タイ・バンコクでも撮影。撮影期間は約10か月にも及んだということです。これにより当初2022年を予定していた世界同時放送と配信は、2023年になったことも発表されました。

日本で撮影を終えた山下さんは「今回、約10か月に及ぶ、長期の撮影を通して海外で生活をしながら現地のスタッフと仕事ができたことで、俳優としてだけでなく、人間としても成長できた作品でした」とコメント。さらに「プライベートでも、ワインを嗜むようになり、ぜひ皆さんにもこの作品を通して、家族の愛やワインの魅力に触れて頂ければ嬉しいです!」と作品を通して自身の変化についても明かしました。