×

  • 日テレNEWS NNN
  • カルチャー
  • 市川ぼたん 初めての始球式に「緊張しました…汗だくだくです」練習で父・海老蔵と毎日キャッチボール

市川ぼたん 初めての始球式に「緊張しました…汗だくだくです」練習で父・海老蔵と毎日キャッチボール

2022年8月10日 21:45
市川ぼたん 初めての始球式に「緊張しました…汗だくだくです」練習で父・海老蔵と毎日キャッチボール
初めて始球式を行った市川ぼたんさん
市川海老蔵さんの長女・市川ぼたんさん(11)が9日、京セラドーム大阪で開催されたプロ野球の始球式に登場。この日のために、海老蔵さんと毎日キャッチボールの練習をしたことを明かしました。

ぼたんさんが登場したのは、パ・リーグ オリックス・バファローズ vs 東北楽天ゴールデンイーグルス戦の始球式です。

始球式に臨む前には「緊張しますけど、精いっぱい頑張りたいと思います」とコメントした、ぼたんさん。この日のために毎日、父の海老蔵さんとキャッチボールの練習をしていたそうで「たくさんアドバイスされすぎて…(笑)球の握り方を詳しく分かりやすく教えてくれたのは、印象に残っています」と明かしました。

本番では、自身が声優に初挑戦にした映画『DC がんばれ!スーパーペット』で演じたキャラクター・ウィスカーズをイメージした耳としっぽを着けて登場。海老蔵さんや、弟の堀越勸玄さんが見守る中、ぼたんさんの投球はホーム手前でバウンドしますが、無事キャッチャーミットに収まり、会場からは大きな拍手が送られました。

始球式を終えたぼたんさんは、海老蔵さんとハイタッチを交わし「とても緊張しました…汗だくだくです。テレビで見ている空間に立たせてもらえてすごく嬉しかったです。緊張しすぎて頭が真っ白でした」と感想をコメント。

“また始球式があったらチャレンジしてみたいか?”と問われると「はい! 絶対チャレンジして、もっと練習して頑張りたいです!」と笑顔でコメントしました。