日テレNEWS
カルチャー
2022年6月11日 16:31

ジャスティン・ビーバー、顔の一部がまひ まばたきや笑うことができないことを報告

ジャスティン・ビーバー、顔の一部がまひ まばたきや笑うことができないことを報告
顔面の一部がまひしていることを報告したジャスティン・ビーバーさん(写真:AFP/アフロ)

世界的アーティストのジャスティン・ビーバーさん(28)が、顔の一部がまひしていることを報告しました。

ビーバーさんは、自身のインスタグラムに動画を投稿し、“ラムゼイ・ハント症候群”を患っていることを報告。「耳や顔面の神経を攻撃するウイルスが原因で、顔面にまひが起こっています。見ての通り、この目(右目)はまばたきができません。顔のこちら側(右側)で、笑う事ができません」と症状を明かしました。

現在、顔のエクササイズを行っているそうで、「ただ時間が必要なだけです。それが、どのくらいの時間かは分かりません。でも、大丈夫です」とコメントしています。

ビーバーさんは、カナダ・トロントで7日、8日に予定していた『ジャスティス ワールドツアー』公演などを延期しています。