×

  • 日テレNEWS NNN
  • カルチャー
  • 小関裕太が主演のショートドラマ『今日、ドイツ村は光らない』 “賞レース”決勝進出した、ダウ90000も出演

小関裕太が主演のショートドラマ『今日、ドイツ村は光らない』 “賞レース”決勝進出した、ダウ90000も出演

2022年9月22日 15:23
小関裕太が主演のショートドラマ『今日、ドイツ村は光らない』  “賞レース”決勝進出した、ダウ90000も出演
10月放送の連続ショートドラマ『今日、ドイツ村は光らない』
俳優の小関裕太さん(27)が主演し、8人組コントユニット・ダウ90000が共演する連続ショートドラマ『今日、ドイツ村は光らない』が、10月から日本テレビと、Huluで放送・配信されます。

本作は、1話5分のショートドラマで、イルミネーションが目玉の東京ドイツ村が舞台。“1年で最もヒマな1日”にあたる、イルミネーションが始まる前日にやって来た1台のフードワゴンと、そこに並ぶ男女6人、小関さんらが演じる東京ドイツ村の従業員2人が抱える“ややこしい事情”が絡まり合い、最もステキな1日を紡ぎ出す、というストーリーです。

Huluでは、10月5日から配信がスタート。毎週水曜日に新エピソードが配信され、そこから厳選した4つのエピソードを10月8日から、日本テレビで放送します。(初回10月8日は、午後1時50分~放送。10月15日、22日、11月5日は、午後2時50分~)。

ドラマに出演するダウ90000は、2020年に旗揚げされた8人組コントユニット。2021年のM-1グランプリで準々決勝に進出、2022年の『第43回ABCお笑いグランプリ』では決勝進出を果たしました。今回が、地上波連続ドラマ初出演となります。

主演の小関さんは、本作への出演について「ダウ90000って知ってる? というひと言からはじまりました。動画を拝見するとリアルで面白い。僕にとって挑戦な企画でしたが、知ってみたいという一心から参加させていただきたいと思いました」とコメント。

脚本も担当する、ダウ90000の蓮見翔さん(25)は、「自分が書いた世界が現場で実現していくことの違和感が完成が近づくにつれて嬉しさに変わっていき、ドラマを作る楽しさに気づけた気がしています。小関さんが入ったことで普段と違う空気感を楽しんでもらえたら嬉しいです」とコメントしています。