×

  • 日テレNEWS NNN
  • 経済
  • 4-6月GDP年率プラス2.2% 専門家は慎重な見方「身近な物の値段が上がり消費者マインドが悪化」

4-6月GDP年率プラス2.2% 専門家は慎重な見方「身近な物の値段が上がり消費者マインドが悪化」

2022年8月15日 10:23
4-6月GDP年率プラス2.2% 専門家は慎重な見方「身近な物の値段が上がり消費者マインドが悪化」

今年4月から6月のGDP(=国内総生産)の実質成長率は年率で2.2%のプラスとなりました。

15日に内閣府が発表した4月から6月のGDP成長率は、物価の変動を除いた「実質」で前の3か月と比べて0.5%増加しました。3期連続のプラス成長で、年率に換算すると2.2%のプラスです。

3年ぶりに行動制限のないゴールデンウイークを挟み、旅行や外食などの対面型のサービス消費が大きく伸びたことなどが要因です。

今回、政府は目標としていたコロナ前の水準に回復したとしていますが、今後も成長を維持できるかについて、専門家は慎重な見方を示しています。

三菱UFJリサーチ&コンサルティング・小林真一郎氏「エネルギー、食料品といった身近な物の値段が上がっているので、どうしても消費者のマインドが悪化する」「それからもう一つ、やはり重要なのがですね、感染の第7波が足元で拡大をしているという状況です」

また、海外でインフレ抑制のために利上げが相次いでいることから、海外経済が減速し、日本の輸出にも影響するリスクが懸念されます。