日テレNEWS
経済
2016年8月12日 7:33

NYダウ 約3週間ぶりに史上最高値を更新

NYダウ 約3週間ぶりに史上最高値を更新
(c)NNN

 11日のアメリカ・ニューヨーク株式市場ダウ平均株価は、原油の先物相場の上昇などを受け117ドル値を上げ、史上最高値を更新した。

 11日のニューヨーク株式市場ダウ平均株価の終値は、前日比117ドル86セント高の1万8613ドル52セントで取引を終えた。また、ハイテク株が中心のナスダック総合指数は23.81ポイント上がり5228.40だった。

 この日はまずOPEC(=石油輸出国機構)などが原油の増産凍結について動き出すとの期待感が高まったことから、前の日から一転、原油の先物相場が大きく上昇。エネルギー関連株を中心に幅広い銘柄が買われた。また、百貨店のメーシーズなど小売りの決算が相次ぎ、市場予想を上回ったことも買いにつながった。この結果、ダウはほぼ全ての銘柄が買われ、ダウ平均株価は約3週間ぶりに史上最高値を更新した。

 市場関係者は「原油の先物相場に対する不安感がやわらいだことで投資家の心理も改善し、株価の上昇につながっている」と話している。