日テレNEWS
経済
2016年8月18日 13:07

7月貿易収支、2か月連続の黒字

7月貿易収支、2か月連続の黒字
(c)NNN

 今年7月の日本の貿易収支は、原油価格が下落し輸入が減ったことなどを受け、2か月連続の黒字となった。

 財務省が発表した7月の貿易統計によると、輸出額はアメリカ向けの自動車や、アジア向けの鉄鋼などが減ったことから去年の7月に比べ14%マイナスの5兆7284億円となった。

 一方、輸入額は原油価格の下落で中東からの原油や液化天然ガスの輸入額が大きく減ったことなどから、24.7%マイナスの5兆2149億円だった。

 その結果、輸出額から輸入額を差し引いた7月の貿易収支は5135億円の黒字となった。黒字は2か月連続だが、世界的な景気の減速などもあり、輸出が伸び悩む形となった。