日テレNEWS
経済
2016年12月5日 22:34

鳥インフル対策も 破損部分から動物侵入か

 農水省は5日、鳥インフルエンザが発生した青森県の1例目と新潟県の1例目および2例目の調査概要を発表した。

 いずれの農場も金網の設置など発生予防対策がとられていたものの、鶏舎を囲む壁や金網の一部に小動物か侵入可能な破損が確認されたという。また、いずれの農場もすぐ近くに水鳥などの渡り鳥が飛来する池や沼などがあることから、農水省は、海外の渡り鳥が国内にウイルスを持ち込み、鶏舎の破損部分から野鳥やネズミなどの野生動物が侵入し感染した可能性があるとの見解を示した。

 農水省では今回の調査結果を踏まえて各都道府県に感染防止策を徹底するよう改めて呼びかけるとしている。