日テレNEWS
経済
2017年3月27日 23:47

東芝米子会社、28日にも連邦破産法申請へ

東芝米子会社、28日にも連邦破産法申請へ
(c)NNN

 経営難に陥っている東芝のアメリカの原発子会社「ウェスチングハウス」が、日本の民事再生法に相当するアメリカの連邦破産法、チャプター11の適用を早ければ現地時間の28日に申請することが分かった。

 関係者によると、ウェスチングハウスは現地時間の27日に行われるとみられる債権者との協議を経て、同意が得られれば28日にもチャプター11の適用を申請する方針。

 東芝は今月30日に臨時株主総会を予定しているが、主力取引銀行は、この場で株主に対し、子会社の破産手続きについて説明するのが望ましいという認識を示している。また、延期が続く決算をまとめるためにも、東芝には、ウェスチングハウスの破産処理で債務を確定させ、監査法人の承認を得やすくする考えもあるものとみられる。