日テレNEWS
経済
2018年12月6日 15:00

平成5年ヒット商品は?ポケベル若者に流行

平成5年ヒット商品は?ポケベル若者に流行
(c)NNN

ヒット商品ランキングで平成時代を振り返る「さよなら平成」。今回、振り返るのは「平成5年」。来年終了する「ポケベル」のサービスだが当時はヒット商品だった。


10位 地方都市も夜通しフィーバー 地方のジュリアナ現象

9位 全世界で1億本を出荷 ウィンドウズ3.1

8位 謎本ブームの火付け役 『磯野家の謎』

7位 不思議な食感にハマる人が続出 ナタ・デ・ココ

6位 海外ブランドがお値打ちに 円高還元商品

5位 ブランド品を安く買える施設が誕生 アウトレット

4位 当時の興行収入世界1位 ジュラシック・パーク

3位 低価格でナショナルブランドを圧倒 ダイエー「セービング」

2位 サラリーマンがスーツ売り場に殺到 格安紳士服

1位 サッカーが国民的人気スポーツに Jリーグ


注目は17位の来年9月末で歴史に幕を閉じるポケベル。1990年代、連絡ツールの主流だったポケベル。当初は営業マンの呼び出しなど仕事用の利用が中心だったが、女子高生など若者たちの間で爆発的な人気になった。はやったのは数字の語呂合わせ。

3476は「さよなら」

999は「サンキュー」

083314106は「おやすみあいしてる」

数字で思いを伝える時代だった。

1990年代半ば、国内契約数は1000万件を突破し、流行の最先端だったポケベル。しかし、その後は携帯電話の普及で利用者が激減し来年9月末でさよならとなる。

【the SOCIAL さよなら平成より】