日テレNEWS
経済
2019年11月15日 19:42

無断で“おでん発注” 社員2人を懲戒処分

無断で“おでん発注” 社員2人を懲戒処分
(c)NNN

セブンイレブンの永松文彦社長は、本部の社員が、店舗のオーナーに無断でおでんを発注していたとして、社員2人を懲戒処分にしたことを明らかにした。

セブン‐イレブン・ジャパン 永松文彦社長「あってはいけない非常にゆゆしき問題と」

セブンイレブンによると、店舗を指導する本部の社員がオーナーが不在の間に事務所に入り、おでんなどの商品を無断で発注する事案が、今年に入って2件あったという。

これは内規違反にあたり、永松社長は15日、経産省で開かれた有識者会議で、かかわった社員2人を懲戒処分にしたことを明らかにした。

また、永松社長はこうした問題が過去にもあったことを認め、今後は社員の評価基準を見直し、店ごとの事情に合わせた指導方法に変えていくなどの改善策を示した。