日テレNEWS
経済
2021年5月21日 15:19

楽天 サッカースタジアムを“接種会場”に

楽天 サッカースタジアムを“接種会場”に
(c)NNN

きっかけは楽天トップから神戸市長へのメールでした。楽天グループが運営する神戸市内のサッカースタジアムが、今月末からワクチン接種会場として活用されます。

楽天の三木谷会長と神戸市長は会見し、楽天が所有するJリーグ「ヴィッセル神戸」の本拠地であるノエビアスタジアムに、ワクチンの大規模接種会場を設置すると発表しました。

病院などから医師や看護師が派遣され、1日あたり1000人の接種からスタートします。段階的に1日5000人まで拡大させる方針です。

神戸市・久元喜造市長「一刻も早いコロナ禍の収束につなげていきたい」

楽天グループ・三木谷浩史会長「コロナを乗り越えないと日本経済の復活は難しいなと。一経済人ではございますけど。総力をあげて」

待機室には選手用のロッカールームを利用します。また、スタジアムでは照明を増設したり、高齢者のために階段をスロープに変えるなどの改修工事を始めています。

予約は22日からインターネットで受け付け、今月31日から接種開始を目指します。