日テレNEWS
経済
2022年6月28日 1:04

東京電力が初の「電力需給ひっ迫準備情報」 29日も厳しい見通し

歴史的な暑さが続くなか、東京電力は29日の電力需給についても厳しくなるとの見通しを示し、電力会社としては初めてとなる「電力需給ひっ迫準備情報」を出しました。

東京電力の管内では現在、厳しい暑さにより冷房などの需要が増え、電力の余力となる「予備率」が5パーセントを下回るとして、政府は27日と28日に「電力需給ひっ迫注意報」を発出しています。

こうしたなか、東京電力は29日も午後4時半から5時の予備率が4.1パーセントとなる見通しだとして、初めての「電力需給ひっ迫準備情報」を出しました。

「電力需給ひっ迫準備情報」は、先月新たに設けられた制度で、前々日の段階で5パーセントを下回る見通しとなった場合に電力会社などから出されるものです。

東京電力は、適切に冷房などを活用した上で、無理のない範囲でできる限りの節電を呼びかけています。