日テレNEWS
経済
2022年3月7日 19:32

経団連 政府にコロナ対策「出口戦略」へ舵切り求める “エンデミック宣言を”

経団連 政府にコロナ対策「出口戦略」へ舵切り求める “エンデミック宣言を”

経団連は政府に対し、新型コロナウイルスの感染対策で、出口戦略に舵を切るよう求めました。

経団連は7日、これまでの強力な行動制限を伴う感染対策から、出口戦略に舵を切り、段階的に緩やかな対策に変えていくべきだとする提言を発表しました。

ワクチンや治療薬が普及してくる中で、当初の「パンデミック」としての位置づけではなく、インフルエンザのように感染に注意しながら社会活動を回していける「エンデミック」であると、政府ができるだけ早期に宣言するべきだとしています。

経団連・十倉雅和会長「飲食店とか旅行とかですね、そういうのをずっと制限し続けることに、本当に意味があるんだろうか」

一方で、日本は3回目のワクチン接種で出遅れたと指摘し、4回目のワクチンの調達・確保を進めるべきだとしています。