×

「人事院総裁賞」 “野生鳥獣捕獲方法”考案の林野庁職員と4つの職域グループが受賞決定 国民から信頼高めた国家公務員を表彰

2023年2月21日 23:10

国民からの信頼を高めた国家公務員を表彰する「人事院総裁賞」で、野生鳥獣の新たな捕獲方法を考案した林野庁の職員と4つの職域グループの受賞が決定しました。

令和4年度の「人事院総裁賞」を受賞する林野庁近畿中国森林管理局の小林正典氏は、初心者でも簡単にシカなどの野生鳥獣を捕獲できる方法を考案、全国に普及活動をして、野生鳥獣による農林業への被害軽減など、獣害対策に大きく貢献したことが認められました。

「人事院総裁賞」には、このほか、新型コロナの「ワクチン接種記録システム」を開発・運用し、円滑なワクチン接種に大きく貢献したデジタル庁のチームや、東京オリンピック・パラリンピックでビクトリーブーケなどを提供し、国産花きの品質の高さを世界にアピールした農林水産省のグループなど、4つのグループの受賞が決定しました。

今月27日に授与式が行われます。

  • 日テレNEWS NNN
  • 経済
  • 「人事院総裁賞」 “野生鳥獣捕獲方法”考案の林野庁職員と4つの職域グループが受賞決定 国民から信頼高めた国家公務員を表彰