×

食品ロス削減へ…“賞味期限なくす”英国スーパーの取り組み 食品廃棄13%減ったスーパーも

2022年11月6日 12:04
食品ロス削減へ…“賞味期限なくす”英国スーパーの取り組み 食品廃棄13%減ったスーパーも

食品ロス削減の取り組みが進むヨーロッパで、日本では当たり前の“あるもの”をなくす取り組みが始まっています。

    ◇

イギリス・ロンドンの大手スーパー。今年からある取り組みが始まりました。

「袋詰めされたトマトの袋を見てみると賞味期限の表示がなく、代わりに『日付をつけないことで無駄をなくす』と書かれています」

野菜などの生鮮食品を中心に、賞味期限の表示をとりやめたのです。

理由は深刻な食品ロスの問題。イギリスでは、年間およそ660万トンの食品ロスが発生していて、焼却の際にでる二酸化炭素が地球温暖化につながることもあり、対策が急がれているのです。

賞味期限の表示をやめたことでこのスーパーでは、食品の廃棄がおよそ13%減ったということです。

買い物客「賞味期限がなくても気にしません。においが良ければ問題ないです」

取り組みは、ほかにも。

大きなスーツケースを持ってビルに入る男性。帰ってくると中には、企業の社員食堂で余った食品。ドゥクさんはスーパーや企業などから依頼を受けて、廃棄される食品を回収しています。

家に帰ると、アプリを使って食品を登録。すると…。

ドゥクさん「早速リクエストが来ました」

1時間後、受け取りを希望する近所の人が訪ねてきました。受け取ったのは、前日に賞味期限が切れた大量のパン。

近所の住人「賞味期限ぴったりに悪くなるわけではないので、気にしません」

この日、回収した廃棄予定の食品はすべて引き取られました。

こうしたアプリがイギリスを中心に浸透していて、これまでにおよそ5800万食分の食品がシェアされたということです。

EU(=ヨーロッパ連合)も食品への賞味期限の表示を撤廃することを検討しています。

  • 日テレNEWS NNN
  • 国際
  • 食品ロス削減へ…“賞味期限なくす”英国スーパーの取り組み 食品廃棄13%減ったスーパーも