日テレNEWS
国際
2022年4月30日 1:56

自爆テロか…モスクで爆発 50人以上死亡 アフガニスタン

自爆テロか…モスクで爆発 50人以上死亡 アフガニスタン

アフガニスタンの首都カブールのモスクで、29日、自爆テロとみられる爆発があり、モスクの指導者は50人以上が死亡したとしています。

ロイター通信によりますと、カブールのモスクで、29日、イスラム教の金曜礼拝後の儀式の最中に、自爆テロとみられる爆発がありました。モスクの指導者は、50人以上が死亡したとしています。

アフガニスタンでは、イスラム教の断食月ラマダンを迎えて、普段より多くの人がモスクなどに足を運ぶ中、各地で爆発が相次いでいます。

28日には、北部のマザリシャリフで、シーア派のイスラム教徒を乗せた2台の車が爆発して、少なくとも9人が死亡し、過激派組織「イスラム国」の地域組織が犯行声明を出しました。

また、22日には、同じ北部のクンドゥズのモスクで、金曜礼拝中に爆発があり、33人が死亡するなど、治安の悪化が懸念されています。