日テレNEWS
国際
2010年11月16日 8:41

高層マンション火災、断熱材に火がついたか

 中国・上海にある高層マンションで15日、火災が発生し、これまでに少なくとも42人の死亡が確認された。断熱材に火がついて燃え広がった可能性もあるという。

 火事は15日午後、上海市内中心部にある28階建ての高層マンションで起きた。地元メディアによると、火は建物の大部分を焼き、約6時間後に消し止められた。この火事で少なくとも42人が死亡し、50人以上がケガをした。

 このマンションは教員のための寮として使われていて、すでに退職した教員が多く住んでいた。死亡者の多くが高齢者ではないかとみられている。上海の日本総領事館によると、死傷者に日本人がいるという情報は入っていないという。

 火事が起きたマンションでは、外壁の改修や断熱材の取り付け工事のため竹で足場が組まれていたが、この足場の下の方から火が出た。また、断熱材に火がついて燃え広がった可能性もあるという。工事中に起きた何らかのミスが原因で火事が起き、住人の高齢者たちが逃げ遅れたのか、警察と消防による原因究明が今後、進められる。